子供 アトピー

子供がアトピーと診断されたときは、正直とても戸惑いました

ウチの子供は2歳になったばかりの頃にアトピーになりました。ある時期から妙に痒がるのであせもかな?と思って病院に行ったら小児アトピーだと診断されたんです。

今ではアトピーの子供は珍しくないとわかっていても、やっぱりショックでしたね。食べさせたものがわるかったのかな?私も花粉症だから遺伝かも?掃除の仕方が足りなかったから?などといろいろ考えては落ち込んでしまいました。

結局お医者さんからはステロイドを塗るように言われたんです。でも、何となくですがアトピーの薬って怖いイメージがありませんか?例えば最近もこんなニュースがありましたね。

【ワシントン共同】日本でも販売されているアステラス製薬の「プロトピック」(一般名・タクロリムス水和物)など2種類のアトピー性皮膚炎治療薬を使った米国の子どもが、2004年1月~09年1月の5年間に計46人、白血病や皮膚がんなどを発症し、このうち4人が死亡したと米食品医薬品局(FDA)に報告されていることが21日分かった。

適応対象外の子どもに使ったり、長期間使い続けたりするなど、使用法が守られていないケースが多いという。因果関係は明確ではないが、発がんと関連する恐れがあるとして、FDAは近く専門家会議を開き、薬の添付文書改訂を検討する。(47NEWSより

だそうです・・・。他のアトピーの薬もいろいろな見方があるみたいですね。

私の場合は子供にはステロイドを必要最小限に使いながらも、いろいろと安全そうなアトピーの治し方を探していました。そしたらある日ネットでアトピーについて調べていたら、子どものアトピーにも効果があったというアトピーを治すためのマニュアルを見つけたんです。

アトピーとアレルギーって絶対に関係があるわけじゃないんですね

私はどうしても子供がアトピーになったのは、食べ物のアレルギーやハウスダスト・ダニとかのアレルギー原因があって、発症させてしまったのは私のせいだという思いがありました。肌がスベスベでキレイな同い年くらいの子供を見ると心の中で「ごめんね~」と言っていました。

でもマニュアルによると、アトピー性皮膚炎は必ずしもアレルギーが原因ではないということでした。また一時的に炎症がよくなった状態と、完全にアトピーがよくなるのは全然違うということも初めて知りました。

ウチの子供も一時的に症状がよくなったかと思うと、数日たってまたひどく痒がるということの繰り返しだったので、「そうだったのか!」という感じでした。

マニュアルは送料とか入れて13,700円したんですよね。正直ちょっと迷う金額ですよね。でもずっとアトピーのままだったら子供が可哀そうだという気持ちで購入することに決めました。

ちなみに私は冊子になっているのを買ったんですが、パソコンで見るダウンロード版なら12,800円だそうです。

子供の肌が本当にキレイになりました!

高橋健介さんの「自宅でできるアトピー改善法」は、高橋さん自身がアトピーを克服できた方法をベースにした内容でネットだけで販売しているそうです。

私もただの個人の体験ならお金を出して買おうとは思いませんが、医学博士の方の推薦があったのと、たくさんの人が取り組んだ感想がホームページに掲載されていたので購入を決めました。

どうやってアトピーをよくしていくかというのは、マニュアルの中身をバラしてしまうことになるので詳しく書けないのですが、多分普通のご家庭でしたら毎日の生活の中でできることばかりだと思います。少なくともステロイドなどの薬に依存する内容ではないです。

あと文章から久保先生がとても真摯に子供のアトピー治療に取り組んでいることが感じられました。

で、ウチの子の場合ですがアドバイスに従っていたところ、だんだんと炎症がよくなって掻かなくなって、落ち着いた肌になってきました!とりあえず一安心です。でも掻き癖をなくさないと将来は安心できないようなので今後も注意はしていきたいと思っていま。

>>>ウチの子供のアトピーがよくなったのはこのマニュアルのおかげです。